Google Apps Script(GAS)でメール送信

Google Apps Script(GAS)でメール送信 プログラミング
スポンサーリンク

資産運用の成果の記録は客観的な振り返りのために非常に重要です。

 

しかし、定期的な記録はなかなか骨の折れる作業ですよね。

 

そこで、プログラミングによる記録の自動化をススメています。

 

Google Apps Script(GAS)でSBI証券にログインするにはこちらをご覧ください。

 

pythonでSBI証券にログインするサンプルコードもご紹介しています。

 

しかし、証券会社のWebページのデザイン変更などで正常にデータを取得できなくなることがあります。

 

データを取得できていないことに気が付かずにいると、せっかく自動化した意味がなくなってしまいます。

 

そんな時は処理結果をメールで通知するようプログラムをカスタマイズしましょう。

 

今回はGoogle Apps Script(GAS)でメール送信をするコードをご紹介します。

 

スポンサーリンク

Google Apps Script(GAS)でメール送信

プレーンテキストのメールを送信するサンプルコードです。

function mailTest() {
 
  var To = '送信先メールアドレス'; //送信先のメールアドレス
  var Subject = 'Google Apps Scriptによるメール送信テスト';//タイトル
  var Body = 'テストメールをお送りいたします!';//本文
  
  MailApp.sendEmail(To,Subject,Body);
  
}

プレーンテキストのメールを送信するだけであれば非常に簡単です。

 

MailAppオブジェクトのsendEmailで送信可能。

 

また、GASにはGmailアプリを操作する「GmailApp」オブジェクトでもメールの送信が可能です。

 

プレーンテキストのメールを送信するだけであれば使い方はほぼ一緒。

function GmailTest() {
 
  var To = '送信先メールアドレス'; //送信先のメールアドレス
  var Subject = 'Google Apps Scriptによるメール送信テスト';//タイトル
  var Body = 'テストメールをお送りいたします!';//本文
  
  GmailApp.sendEmail(To,Subject,Body);
  
}

これでもメールの送信が可能です。

 

MailAppオブジェクトとGmailAppオブジェクトはメール送信をするだけならほぼ同じです。

 

しかし、MailAppオブジェクトはメールを送信するだけ。

 

GmailAppオブジェクトはGmaiアプリを操作できますので、目的の応じて使い分けて下さい。

最後に

GASでメール送信するサンプルコードをご紹介しました。

 

pythonでメール送信をするサンプルコードもご紹介しています。

 

よりGASを学ぶならテックアカデミーがおすすめです。

まずは無料体験から。

コメント

タイトルとURLをコピーしました