投資信託の運用実績をブログで公開2020年10月末

投資信託の運用実績をブログで公開2020年10月末運用実績
スポンサーリンク

 

投資信託での資産運用に興味があるけど一歩踏み出せずにいませんか?

疑問や悩み
  • 投資信託での資産運用はホントに儲かるのか?
  • どのくらい儲かるのか?
  • ホントは損していないのか?
  • 証券会社はどこがイイのか?

など気になりますよね。

 

この記事では2019年1月から投資信託で運用をしている私のリアルな実績数値を公開していきます。

 

投資信託での資産運用に興味がある方に参考にしてもらえると嬉しいです。

参考にしてほしい方
  • リアルな運用実績を知りたい方
  • 他の人はどの銘柄を保有しているか?なぜ購入したのか?知りたい方
  • どんな資産配分か?を知りたい方
  • どの証券会社を利用しているか?を知りたい方

 

よろしければ応援のクリックをお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

スポンサーリンク

投資信託の運用実績をブログで公開2020年10月末

投資信託の運用実績をブログで公開2020年10月末

 

2019年1月から投資信託をメインに資産運用を始め、約1年10ヶ月が経過しました。

 

約2年弱の運用成果は次の通りです。

評価額と評価損益
  • 資産総額:3,845,145円
  • 投資元金:3,864,807円
  • 運用成果:△19,662円(△0.50%)

 

コロナの影響でマイナスだった評価額が7月にプラスになりましたが、今月またマイナスとなりました。(残念)

 

長期投資を前提にするとマイナスは一時的なものと思うのですが、先行き不安な状況ではやはり不安になってしまいますね。

 

先月はプラスでした。先月の状況はこちらをご覧ください。

 

続いて今月の評価額の推移です。

今月の評価額の推移

 

資産配分の約半分程度が米国株式なので、S&P500の動きと評価額がほぼ連動します。

 

10月下旬に米国や欧州で新型コロナウイルスの感染が再拡大したため、株価が大きく下落して評価額がマイナスになりました。

 

追加投資については以前の記事で検証した結果、最も効率が良かった13日に積立設定しています。

 

公的資金ジャブジャブのコロナバブルなんてことも言われていますが、方針は変わらず淡々と積み立てを継続していく考えです。

 

さらに株価が大きく下落するようであれば一括で資金を投入しようと思っています。

 

資産別の評価額推移

資産別の評価額推移

 

資産別の評価額の推移は次の通りです。

資産別の評価額推移

 

今月は月末の株価下落で積立分が帳消しになってほぼ横ばいですね。

 

順調に右肩上がりに行かないのが、精神的に辛いところですね。

ですが世界経済の成長を信じて、私は投資を続けて生きます。

 

今月の資産別の評価額は次の通りです。

前月評価額今月評価額増減投資額
国内債券379,542389,4579,91510,550
国内リート597,921582,890△15,03115,825
海外株式2,294,1162,309,92415,80863,634
海外リート566,748562,874△3,87415,825
合計3,838,3273,845,1456,818105,834
評価損益79,345△19,662△99,007-

 

コロナウイルス感染拡大での株価下落を受けて、昨年までは105,500円だった積立額を2月に増額しました。

 

株価下落時の積立額の増額について説明しています。こちらもご覧ください。

 

一時は178,500円まで増額していましたが、株価の回復と収入減が重なり先月から105,500円に戻しています。

 

残りの334円はTポイントで買い付けをしました。

 

Tポイント投資

SBI証券では投資信託の月末残高に対してTポイントが付与され、そのポイントで買い付けが出来ます。

ポイント投資が「どの程度の規模になるか?」を検証するため別銘柄にしたので、下記の銘柄別の実績でご紹介します。

 

資産配分(アセット・アロケーション)について

 

私の資産配分は株式をメインに、株式と値動きが異なるリートにも投資しています。

 

株価は3月の下落から回復しているもののリートはまだ回復しておりません。

 

期待リターンの高さからリート多めの資産配分にしているのですが、価格変動が大きいので見直しを検討しています。

 

資産配分の見直しついて説明しています。こちらもご覧ください。

 

また資産配分(アセット・アロケーション)の決め方について説明しています。

こちらもご覧ください。

 

銘柄別の運用実績

銘柄別の運用実績

 

eMAXIS Slime全世界株式(除く日本)をメインに株式と値動きが異なる海外・国内リートにも投資しています。

 

国内債券は現金の代わりとして保有しており、株価下落時に売却して追加投資をする予定です。

 

銘柄別の運用実績

TポイントではeMAXIS Slime全世界株式を買い付けることにしました。

 

まだ300円程度なのでグラフ的には0%ですが、暖かく見守って下さい。

 

運用口座と投資信託の銘柄

 

続いて運用口座別・銘柄別の評価額と評価損です。

銘柄口座前月
評価額
今月
評価額
評価損益
eMAXIS Slime国内債券特定379,542389,457△1,761
eMAXIS Slime国内リート特定452,389444,628△26,248
ニッセイJリートNISA145,532138,262△17,273
eMAXIS Slime全世界株式特定0314△20
eMAXIS Slime
全世界株式(除く日本)
特定1,079,9951,087,14530,385
eMAXIS Slime
全世界株式(除く日本)
つみたて
NISA
318,282343,3129,903
eMAXIS Slime先進国株式NISA766,733745,32252,057
eMAXIS Slime新興国株式NISA129,106133,8318,673
eMAXIS Slime先進国リート特定424,496425,247△41,439
ニッセイグローバルリートNISA142,252137,627△33,939
合計3,838,3273,845,145△19,662

 

2019年はNISAで値動きが大きい、先進国株式、新興国株式、国内リート、海外リートを購入し、特定口座で値動きがマイルドな国内債券を購入していました。

 

2020年から保有本数が多いと管理がめんどうなので、先進国株式と新興国株式を全世界(除く日本)に一本化。

 

また、非課税口座は、長期投資の重要性を再認識してNISAをつみたてNISAに変更し20年間ホールドする予定です。

 

長期投資について説明していますので、こちらもご覧ください

 

投資信託の選び方

投資信託の選び方

 

具体的な銘柄選びの前に、まずは資産配分を決めましょう。

 

投資対象が決まれば次は具体的な銘柄選びです。

 

投資信託は手数料の低い商品を選びましょう。

 

  • 投資対象も同じ
  • 手数料も同じ

という商品が仮に複数あれば次のポイントで選んで下さい。

  1. 純資産総額:資金の運用総額はいくらか?
  2. 償還日:運用の期限があるのか?

 

「投資信託の選び方」について、より詳しく説明しています。是非ご覧ください。

 

40代・50代から始めるといくら貯まる?

0代・50代から始めるといくら貯まる?

 

老後資金として65才まで「つみたてNISA」で運用したケースをシミュレーションをしました。

前提条件
  • 毎月33,333円
  • 投資利回り5%

 

40才から5才きざみで10年間〜25年間の運用シミュレーションです。

元本評価額評価益損益率
40才から25年間9,999,90019,850,1259,850,22598.50%
45才から20年間7,999,92013,700,9855,701,06571.26%
50才から15年間5,999,9408,909,5422,909,60248.49%
55才から10年間3,999,9605,176,0241,176,06429.40%

シミュレーションはこちらでしました。ぜひ利用して下さい。

 

40才からつみたてNISAで満額を積立てていけば、老後2000万円問題は解決します。

 

評価益の比率を見ると一目瞭然ですが、少しでも早く始めた方が複利効果が働きやはり有利ですね。

 

40代後半になると2000万円には少し足りないので積立額を増やすか、iDeCoを併用すると不足分を補うことができます。

iDeCoは節税効果もあり40代サラリーマンのケースで検証した結果100万円以上も節税効果があることがわかりました。

詳しい検証結果はこちらをご覧ください。

 

おすすめ証券会社

おすすめ証券会社

 

おすすめ証券会社はズバリ次の4つです。

 

はやりネット証券がおすすめです。

おすすめポイント
  • 購入手数料のかからないノーロードの投資信託が豊富
  • 100円から購入することができますので、初心者の方は「100円で投資を体験」することが可能

 

慣れるまで少額で投資ができるのが初心者に優しいですよね。

 

楽天ポイントで投資

楽天証券では5万円まで楽天カード決済で、楽天ポイントが1%ゲットできポイントで投資信託が購入できます。

資産運用で利回りを1%を上げるのは非常に難しいので大変お得!

楽天証券おすすめです。

 

ちなみに、私はつみたてNISAを開設しているSBI証券をメインに投資信託を買い付けていますが、楽天証券でも楽天カード決済をして毎月500ポイントゲットしています。

マジで楽天証券がおすすめ。

 

最後に

 

投資経験2年に満たない私ですが、みなさんの資産運用のキッカケになればと思い継続して運用実績をブログで公開していきます。

 

株価の下落に驚き資産を売却してしまうのが、一番してはいけないことです。

 

実体経済とは裏腹に株高になっており先行き不透明な市場環境ですが、これを乗り切ることができれば資産は大きく育っているはずです。

 

これからも一緒に資産形成を行なっていきましょう。

 

iDeCoほか各資産の運用実績です。こちらもご覧ください。

 

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

よろしければ応援のクリックをお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
運用実績
スポンサーリンク
\ Follow Me /
Yoshiの資産運用記

コメント

タイトルとURLをコピーしました